ホテル・旅館の価格比較・格安予約

ことひら温泉 御宿 敷島館【令和元年 八月オープン】

香川県仲多度郡琴平町川西713-1 [地図]
宿泊プラン 施設情報 口コミ 投稿写真
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8
2019年9月7日に投稿
投稿者:かぴばら子 認証済
2019年8月頃にカップルで滞在

金比羅宮へと続く表参道に佇む、老舗旅館の伝統を受け継いだ和モダン宿

御宿敷島館は香川県の金比羅神宮へ向かう参道にできた旅館です。全国でビジネスホテルやリゾート旅館を手がける共立メンテナンスが、初めて四国でオープンさせる旅館ということで宿泊を非常に楽しみにしていました。8月の休前日に宿泊し、(2名1室利用、一泊2食付)オープン記念価格として、お得な価格で宿泊することができました。

当日は公共交通機関で向かいました。琴電琴平駅から向かいましたが、徒歩5分程度の距離で、公共交通機関でもアクセスしやすいと思います。「敷島館」はかつて国の登録有形文化財にも指定された老舗旅館でしたが、2002年に廃業後、建物も解体されました。その後、共立メンテナンスが旧敷島館の古材を使って宿を復元、開業し、敷島館三階屋根の千鳥破風や、唐破風玄関など、当時の敷島館の顔をそのまま再現しているそうです。

2019年8月にオープンしたばかりで、館内に入ると新築の良い香りが漂っていました。またロビーには沢山の開業祝いの胡蝶蘭が置かれ、とても華やかな印象でした。そのまま帳場へ案内され、そこでチェックインの手続を行います。客室までの荷物運びや客室内での案内はありませんが、チェックイン時に館内地図を使いながら、館内の案内や設備の使い方を丁寧に説明してくださったので、特に不便に感じることはありませんでした。セルフサービスになりますが、ロビーには15時~18時まで麦茶のウェルカムドリンクが用意されています。また24時間いつでも使えるコーヒーマシーンも設置されており、特にコーヒーは滞在期間中何度か利用しました。

客室は全部で100室あり、コンパクトなツインルームを始め全部で7種類あります。今回は檜露天風呂付の和フォースのタイプの客室を利用しました。広さは49平米あり、最大4名まで利用可能です。メインルームとセカンドルームに分かれており、それぞれツインベッドが備わっています。セカンドルームにもテレビやクローゼットがあるため、二世代旅行にも向いていると感じました。洗面台や扉など客室内にはふんだんに木が使われ、とても良い香りがしました。またコップやティッシュケース、時計といった小物も木材で統一されており、使っていて気分がとても良かったです。デッキテラスには椅子が置かれていましたが、殺風景な建物が見えて眺望はあまり良くなかったので、ほとんど利用しませんでした。

館内着として作務衣が用意されています。他にも一階の「浴衣処単衣」には色浴衣も用意されており、好きな方で館内を過ごせます。タオルは大・小サイズが1人2枚ずつ用意されていました。共立メンテナンスの宿でよく見かけるコーヒーミルも置いてあり、挽き立てのコーヒーを楽しむことができました。冷蔵庫の中にあるミネラルウォーターは無料で、琴平名物のおまんじゅうや、うどんのお菓子が置いてあったのも嬉しかったです。また各階のエレベーターの近くに「枕処」があり、そばの実や羽毛など好みの枕を試すことができ、快適な滞在に一役かっていました。

客室内の半露天風呂は檜の浴槽で、香りも良かったです。ボタンを押すと浴槽の3分の2までお湯がたまる仕組みとなっています。ぬるくなってもボタン一つでお湯を追加することができるため、使い勝手は良かったです。客室内の露天風呂も温泉が使われ、のんびりと湯浴みを楽しむことができました。

大浴場が1カ所あり、男女の入れ替えはありません。天然温泉です。15時から翌朝10時までと夜通し利用可能です。タオルは客室から持ち込む必要がありますが、基礎化粧品等アメニティは一通り揃っていました。また男女ともにシャンプーバーがあり、好みのバスアメニティを使えました。内湯と檜の樽風呂と岩の露天風呂があり、男女ともに似たような間取りです。館内と同様、和モダンな趣です。露天風呂ではありますが、壁に囲まれているため、眺望はよろしくありません。その他サウナや寝湯を備え、ゆったりと温泉を楽しめます。

大浴場以外に4カ所の貸し切り風呂があります。貸し切り風呂も大浴場と同様、夜通し利用できます。予約は不要で、風呂前に設置されたランプが点灯していなければ利用可です。陶器の浴槽の「陶」、檜の香りの良い「檜」、レトロな雰囲気漂う「岩」、浴槽が広くゆったり入れるのが魅力の「竹」の4箇所です。貸し切り風呂によっては4名まで利用できる広さがありますので、家族利用でもよろしいかと思います。また屋外には宿泊者以外でも利用できる足湯があります。

湯上がり処「琴波」では、アイスキャンディや乳酸菌飲料が無料で頂けます。時間によって提供されるものが異なりますので、お気をつけください。

食事は館内のレストラン「花橘」で頂きます。開始時刻は17時半と20時の2部制です。夕食が後半のゲストには、お凌ぎとして「わらび餅」が提供されます。チェックイン順で埋まっていくため、食事時間にこだわりがあるのならば、早めにチェックインをした方が良いかと思われます。

夕食は瀬戸内の旬の食材を使った会席料理です。椀物は茶碗蒸しでしたが、具材としてうどんが入っており、うどんが名物の香川県らしい一品だと思いました。お造りは土佐醤油と煎り酒で頂きます。煎り酒があっさりとしており、白身魚や湯引きした蛸ととても相性が良かったです。メイン料理である炊き分けは「ローストビーフ」、「鮑のバター焼き」、「海老の黄身焼き」が一皿に盛りつけられた見た目も綺麗な一品でしたが、それぞれ小ぶりのため少々物足りなさを感じました。その後にでてきたメバルの煮物は1匹丸ごと提供され、食べ応えがありました。コース全体のボリュームはあり、全体的に満足度の高い内容でした。ただ、オープンしたばかりでスタッフに不慣れな部分もあるせいか、ドリンクや料理の提供に何度か待たされたのは気になりました。

22時半から23時半までですが、お夜食として夜鳴きそばが提供されます。半玉サイズのあっさりとした醤油ラーメンです。すだちの果汁が醤油ラーメンにあい、大変美味しかったです。無料サービスなので、是非利用して頂きたいです。

朝食も同じ館内のレストランで頂きます。ハーフバイキングです。サラダやドリンク、フルーツ、ご飯、汁物はセルフサービスでした。焼き物として干ものが提供されましたが、焼く台が小さく火力が弱いため、焼く時間がかかってこんがりと焼けず、また小骨が多くとても食べづらかったのでいまいちでした。またセルフバイキングのおかずの種類もそこまで多くなく、朝食の満足度は低かったです。

オープンしたばかりの館内で、大変快適に過ごすことができました。貸し切り風呂や、湯上がり処のアイス、お夜食のラーメンなど嬉しい無料サービスが充実しており、満足のいく滞在となりました。夕食時間が固定されている、荷物の持ち運びがないといった少々不便なところはあるものの、特に気になりませんでした。金比羅神宮へ向かう参道にありますので、こんぴらさん参りにも最適な旅館だと思います。
接客対応
オープンしたばかりということもあり、食事中の応対は慌ただしさや不慣れな感じが見られましたが、チェックイン・アウト時の応対含め、全体的には悪くなかったです。
清潔感
2019年8月にオープンしたばかりで、館内はどこも綺麗でした。木の香りも良く、畳敷きの館内は快適に過ごすことができました。
客室
備品や小物など木材がふんだんに使われた客室で、ゆっくりと寛ぐことができました。
食事
夕食は瀬戸内の食材を使った会席料理で、ボリュームもあり満足度は高かったです。朝食は干ものが食べづらく、セミバイキングもあまり種類がなく、やや不満でした。
コスパ
無料の貸し切り風呂や、ラーメンやアイス等のフードサービスが充実していることから、コストパフォーマンスに優れていると宿だと思います。
立地
最寄りの琴電琴平駅から徒歩で5分程度です。金比羅宮の参道にあり、観光の拠点としても素晴らしい立地だと思います。
温泉・スパ
夜通し利用できる大浴場があります。4箇所の貸し切り風呂もあり、温泉を重視している方も満足されると思います。
備考・アドバイス
・全室Wi-Fiが使えます。
・帳場でタオルの交換をして頂けます。

このホテルを予約できるサイト

※タップすると外部予約サイトを新規ウィンドウで開きます。